脂肪吸引とキャビテーション│キャビテーション効果ランキング

トップページ > 脂肪吸引とキャビテーション

脂肪吸引とキャビテーション

過去にコアなダイエッターに流行した「脂肪吸引」ですが、1年を通して多くの事故が発生したということもあり、現在では一般的にはほとんど行われることのない痩身方法となりました。

最近流行し始めているキャビテーションは、別名「切らない脂肪吸引」と言われていますが、これまでの脂肪吸引手術とは一体何が違うのでしょうか。このページではその違いと、関連性について解説します。

従来の脂肪吸引法とそのデメリット

これまでの脂肪吸引では脂肪を減らしたい場所にカニューレと呼ばれる脂肪吸引管を挿入し、超音波で脂肪を破壊(分解)して吸引する方法がとられていました。

脂肪を直接吸い取るという手術の性質上、確実に脂肪を減らすことができ最大で皮下脂肪の70%の除去を行うことが可能であるといわれていますが、脂肪吸引管を皮膚下に挿入する際には切開を行わなければならないため手術痕が残る上、身体への負担が大きいということが指摘されています。

また、手術の大半は医師の手によって行われることから、術後の仕上がりは医師の技術量によって大きく左右され、これまでにはカニューレの不適切な操作により内蔵を傷つけ、死亡に至ってしまったケースも存在しており、常に生命にリスクを伴う手術法であると言われています。

キャビテーションの仕組み

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」と言われている通り、脂肪を超音波により破壊(分解)する痩身法です。しかしながら、従来の脂肪吸引手術とは異なり皮膚を傷つける必要がないため、術後に傷などが残ることもありません。

キャビテーションでは、脂肪を減らしたい部分に一秒間に数百万回と振動するマシンをあて、脂肪細胞の中に沢山の気泡を発生させます。これが「キャビテーション(空洞現象)」と呼ばれる所以で、気泡が破裂することにより脂肪細胞の中からは乳化した中性脂肪が放出されます。

放出された中性脂肪は人間の代謝機能により体外に排出されたり、エネルギーとして使用されますが、キャビテーションを行っている多くのサロンでは、術後すぐにハンドマッサージを行うことにより、放出された脂肪をより素早く体外に排出することができるよう、徹底したアフターケアを組み込んでいるようです。

このように、1時間程度の施術時間で脂肪の分解~脂肪の排出まで一貫して行うため、1度の施術で多くの脂肪を減らすことができ、すぐに効果を実感できることから「自己流ダイエットではなかなか痩せられない」という方から多くの支持を集めています。

また、キャビテーションは施術のほとんどがマシンによって行われるため、従来の脂肪吸引のように術者の技術量によって術後の効果に大きな差が出にくいというのも特徴で、麻酔や切開等も一切行わないため、施術のリスクが非常に少ない次世代の痩身術であると言えるのです。

現在実施中のキャンペーン情報
D.D.Labo WEBからの申し込みでカウンセリング・入会金一切無料!
ラ・パルレ WEBからの申し込みで60分体験コースが5,250円に!
ソシエ WEBからの申し込みで80分体験コースが3,000円に!
スリムビューティーハウス エンダモデラージュ60分体験コースが5,250円!
シーズラボ 初回限定で体験できるはじめてプラン60分が7,350円!

現在おすすめの脱毛サロン

《D.D.Labo》

都内にお住まいならキャビテーション専門サロンD.D.Laboが絶対におすすめ!月額料金制を採用しているので1回あたりの費用が最小限に抑えられ、コース内容も抜群です!